ざれごとにごうのブログ

ざれごとにごうのブログです。TCG・TRPG関連の話が中心です

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

頼まれ事の騙り事

まず最初に。
皇帝時間は終了のお知らせ。
そして双頭巨人EDHについての考察を少々。
まののブログでも触れられてますが、感覚的には通常の構築戦に近い感覚。
つまり本来ならあまり重要視されない軽量ビートダウン戦略やクロックパーミション等の戦力が有効のような気がします。
確かにコンボが決まれば相手は確実死です。
ですが、相手から確実に2人分の妨害は飛んできます。
こっちも対策2倍と言えるかと言えばそれは色次第になるため一概には言えません。
あとは地震などの全体火力の相対的強化ですかね。
2倍ダメージ入るから、マナが半分でいいのです。
こっちは一点ライフが上回っていれば勝ちです。
あとデッキ構築のコツとしてコンボ特化はやめた方がいいでしょう。
たのしむという観点からはもちろんのこと戦略的にも微妙です。
対応策という点でかなり、厳しくなります。
対抗手段を相手のみに頼るのは賢くないのでね。
個人的に双頭巨人でキラリと光るビミョーなカード紹介。
二重否定
構築だと相当限定でしたが今回なら刺さるところありまくりでしょう、たぶん。呪文コピー系スペル
パートナーと息を合わせれば、かなり外道です。
どんなスペルにでもばけれますので。
窒息の旋風
名前違うかも。中国語だと窒息衝撃波だったかな?
カウンターしながらシステムクリーチャーを落とせます。
効いてると強そうですが、なんかあまり強くないカード筆頭。
しかし今回なら強いかも。隣がサポートにまわってくれるならですが。
他にもありますが長くなってきたのでまたそのうち。
スポンサーサイト
  1. 2011/12/22(木) 19:32:31|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

皇帝時間

そう、今日から限定的な期間の間おれはこの能力を使える!
ひれ伏せ愚民ども!






ボーナスがある間だけです。
  1. 2011/12/09(金) 21:24:53|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

無き画家に捧ぐためのパヴァーヌ

フェルメール展見に来ました。
16世紀オランダ絵画は、初めて見ましたがなんとなく宗教画っぽく見えるけど今日の集められたものは、家族のモチーフなども多く親しみやすいものでした。
フェルメールの作品は、作品の透明感がすごい感じ?
ほんとに綺麗な絵だなって感じでした。
こういう本物みる機会って大事だと思います。
  1. 2011/12/04(日) 10:26:54|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

万感の思いを込めて・・・

3交代になって思うこと、凖夜上がりが今の時間なので誰も遊んでくれません・・・かなしすぐる。
しかしそんなことにめげずに昨日の続きを。
2 分かりやすさ
なんか色々と分かりやすくなりました。
まずは移動専用のムーブアクションができたことですね。
これにより、ムーブ、マイナー、メジャーと非常に分かりやすくなりました。
あとはスキルの効果の簡略化もありますね。
3 よくわからなさ
・・・意味不明に聞こえるかもしれませんがこれが個人的に正しいと思うわけです。
具体的に言うとシーフのことなんですが、シーフですよ。
どうして基本取得が範囲攻撃に?
扱いが軽戦士なのはわかりますがなぜ?
軽戦士で全体攻撃って思い付かないのですが・・・
素早く動いてみたいなことは書いてありますが実際、暗殺者的側面でピアシングストライクとかの方がらしいと思うんですがね・・・



なんかこう書いてると、前よりダメになっただけじゃねぇ?って思う人いるかもしれませんが前はとにかくパワーゲームだったんですよねぇ。
ぶっちゃけボスとして出したエネミー手番来ず瞬殺みたいなのありましたし・・・
レベルが上がれば上がるほどそれが顕著になり、オリジナルエネミーが必須みたいなとこありました。
今回それが軽減されたことは非常に大きいことだと思います。
PC初心者、GM初心者にもおすすめ。それが今回の版上げでクローズアップされたような感じです。
とまあ、色々書きましたが面白いことは保証しますので興味のある人は是非やってみてください。
次回は、安定のSWとキャラ作成時の自分の流儀について書くかも。
  1. 2011/12/04(日) 01:38:36|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

巷で話題の・・・

DM界隈でバイスカイザーが話題ですね。
超次元が死ぬとか色々言われてますがどんなもんなんでしょうか。
離れて久しい私にはわかりませんがすくなくとも4〜5コストで撃てる呪文限定のロストソウル付きのWブレイカー6000のクリーチャーはまぁ強いですね。
このカードをおまけとしてつけてしまうあたり現在の超次元ゲーは目に余るということでしょうか。
閑話休題。
巷でと言えば2011年後半から、TRPG界隈でも色々流れがありますね。
なかでも大きかったのは、アリアンロッドの版上げでしょうか。
FEARの誇る名作として長い間親しまれてきたわけですが、版上げでパワーアップしたかを独断と偏見で書いてみましょう。
1 チーとさ
まぁ、これ前回の問題点になった部分ですよね。
具体的にすべての職業に、自動取得スキルがあり一応転職すれば必ずもらえちゃうわけですね。
簡単なMPブーストとHPブーストが転職だけで取れたわけです。
また、GM泣かせなスキルもいくつかありました。
個人的にもっともたるものがレイジでしょうか。
固定値に平気で100とか上乗せされます。
それを防御無視や複数回攻撃で撃ち出されるわけですからね。
んで今回はその辺が全くもって取っ払われました。
ほぼ前のアリアンとは別物であり前回やっていたひとがキャラをコンバートさせると上位クラスでやってた人は愕然とするかもしれません・・・
まず、スキルの効果の改編ですね。
これによってレイジは使う人いるの?っていうくらいマイナーになったろうし、ファミリアとインテンションは夢だったんだね・・・と思うくらいに別になっていたり、このコンバットセンス不良品なんじゃ?だったりガーディアンどこ?今は神官の持ち物ですだったりとたくさんあります。
ただこれはパワーゲームだった環境を改編したということでよかったんじゃないでしょうか?
と、書きたいことはたくさんありますが今から仕事なのでまた後日。
  1. 2011/12/02(金) 15:39:21|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。